So-net無料ブログ作成

映画 けいおん! 感想 【ネタバレ注意】 [けいおん!]

タイトル通り、けいおん!の映画の感想です。
休止してるし、見てから結構経ってるし…と書くか悩んでいたんですが、こっそり書きます。
こっそりなので、ソネブロの方にもnice押しに行きません。ご了承ください。

ネタバレ気にするような人はもう見てるよね。
収納先からネタバレありなので、ネタバレ気にする人はこの辺でページを閉じてください。

以下、ネタバレありなのでちょいと動画貼っときます。


「桜日和」、この曲数年前に好きだったなぁ。。
まさかこんなところでまた聞くとは。

・全体として
まずは大まかなところから。ちょっとずつ細かいところまで踏み込んで行きます。
今回の話は、卒業旅行、天使にふれたよ(以後、天ふれ)の制作秘話、これからに対する会話、という風に構成されています。
(前半は特に)ギャグタッチで描かれていることであまり感じませんが、梓との思い出を思い出しながら、梓のことを考えながらのロンドンへの卒業旅行。そして、梓との別れ(卒業)を受け入れ梓への曲を贈る後半、さらに未来を見据えたラスト。

卒業旅行の行先はロンドン。つまり海外。
1期でHTTの内輪を描き、2期でクラスメイトとのつながりを描いての海外。
順調に唯の周りの世界が広がっていきますね。(広がりすぎ?w)
でも、どこにいても彼女たちの振る舞いは変わらないんですよね。
どこでも部室と同じ。いつまでも放課後。
これが心地いい。
いつも通りの唯たちを再び見られただけでニヤニヤしてしまいましたw

そして制作秘話。(間に教室ライブが入りますが、それはまたあとで。)
TVシリーズでは先輩が卒業するのを受け入れていくのが描かれていたので梓視点だったのですが、映画は梓に曲を贈るということで完全に先輩(ほぼ唯?)視点。
こうすることで卒業していく先輩の梓への気持ちを描き、TVと映画で完全な1つの話になります。
ロンドンメインになると思っていただけにこの構成は本当に良かったです。


・好きなシーン
自分が一番好きなのは屋上で「わーーーーー!!」と叫ぶシーンとその後。
「わーーーーー!!」のシーンなんてほんと青春ですよ。
そして、ロンドンという大きな舞台でも緊張しなかった唯が一人のために歌う歌で緊張している。
もちろん他の3人も。そこでみんなが抱き合いながら励まし合う。
う~ん、いいなぁ。。

んで、教室ライブのシーン。
モブについてはさらに後で触れるとして、U&Iで向かい合ってギターを弾く唯と梓。
梓の方を向いて歌う唯、それを見て微笑む律。
あとは飛び跳ねながらキーボードを弾く紬かな。

その流れからのさわちゃん&掘込先生。
過去の自分と重ね合わせたさわちゃん。
教室ライブをやらせてあげたい。でも教師という立場がある。でもやらせてあげたい。
さわちゃんはできるだけのことをして、朝から職員室に待機。
掘込先生にも教師としての立場があるからライブを止めに行く。
すがりついて止めようとするさわ子。
からの、掘込先生の「お前らよりは可愛いな」という言葉。
ここらへんのことはあとで紹介するブログに書いてあるので読んでみて下さい。

最後は、ラストの足だけの描写で描かれているシーン。
原作最終話の唯たちが未来を見据えて会話しているシーンですが、まず足だけで描かれているのが凄い!
けいおん!は結構足だけで描かれているシーンがありますが、これはそれの集大成ですね。(パンフに絵コンテが載っていますが、山田監督自らやってみせたとかw)
長時間描かれる左から右へ歩いていく卒業する4人の足。
そして、飛行機のポーズで加速していく唯。
映像表現的にも、会話の内容的にもむっちゃ未来志向なんですが、実は原作にあった「大人だよー!」というセリフがカットされて代わりに来年の梓との卒業旅行の話をしているんですよね。
監督の「高校生」へのこだわりか。


・すべては1期1話から始まった。
映画自体が「唯の目覚まし」という1期1話と同じ始まり方をしている事もですが、けいおん!という作品は1期1話との繋がりが強調されています。
1期最終話の1話の自分への語りしかり、2期最終話の「あんまり上手くないですね!」しかり。
そして今回の映画では「天使にふれたよ」が「翼をください」と繋がっている。
こういう演出自体個人的に好きなのですが、ここまで強調されているということは、やっぱりけいおん部が1期1話から始まり1期,2期全てを通して成長してきたということを強調したいんだと思います。
今までがあってこそのけいおん部。今までがあってこその感動。


・細かい描写
こっからは、本編というよりその他細かい描写について。
さすが京アニというか、やっぱり京アニだなぁ。という感じなのですが、とにかく描写が細かい。
本編とは関係ない所でもひとが動きまくって探せば探すほどいろいろ見つかるんですよね。
個人的に好きなのは、飛行機の中で唯と梓が会話している時のやり取り。
まず、唯が話しかける時に何気なく肘置きを上げ、それに答える梓が何気なく肘置きを下げる。そして二度目は一度寝て起きてからなのですが、唯が上げようとした瞬間に梓が押さえつける。
ここでの肘置きは先輩と後輩の絶対に超えられない一年の時間差としての「境界」だったり「壁」、もしくは単に唯と梓の関係性を表していると思うんですが、この肘置きの上げ下げをずっと見ていたいですw
他にも、タクシーに乗る時のシートベルトを探す手つきだったり、とにかく細かいです。

ところで、唯たちが飛行機の中でしていたアイマスクにはいろんなバリエーションがあったのですが、あれって同じ種類の色違いのやつに律が落書きしたということでいいんでしょうか?
最初はジャケットのパロかとも思ったんですが、どうなんでしょう?
しかし、わざわざ落書きする律を想像すると可愛いw
追記:目が合いているアイマスクは下まつ毛が書かれていなかったので、特に落書きしたとかではなく、もとから色んな種類があったと思われます。渡してるのもムギだしね。


・モブについて
今回の映画の見所にはやっぱりモブもあると思います。
一度和に相談してからさわちゃんのプレゼントのことを言い出す風子。TVシリーズで少しずつけいおん部との絡みが描かれていたオカ研との踊り場でのやり取り、ロゼッタストーン。ごはんはおかずに対して「どないやねん」とツッコミを入れ、教室ライブでは外で見ていた憂たちを教室の中に招き入れたいちご。和が教室ライブの写真を撮っているときに「あとでちょうだい」と言った姫子。掘込先生とさわちゃんを教室の中に入れた信代たち。
そして、個人的に一番好きなのは、「けいおん部」というキラキラしたものに憧れを抱き、卒業式の日には「面白かった」と言ったアキヨさんが教室ライブのことを聞いて図書室から出て行くシーン。あの時ふと腕時計を見るんですが、アキヨさんはちょっとでも長くけいおん部の演奏を聞きたくて無意識に時計を見たんじゃないかと勝手に想像しておりますw


・singing
先に書いたように、映画で唯視点の天ふれが描かれることによって天ふれについての物語が完成し、梓,卒業する4人の両方が別れを受け入れ、未来へと走っていく。という終わり方からのsingingの音が重なっていくイントロは本当に良かったです。
「音が重なっていく」というのは1期最終話の「もう一回!」と似ているんですよね。
これはバンドそのものに言えることですが、全ての音が重なってやっと1つの曲になる。
一人が欠けてもだめ、みんながいるから、、、
けいおん!の集大成とも言える映画のEDがこういう曲なのはいいですね。
曲自体もかっこいいし、映像もいいし。。


・おまけ
週変わりの入場特典のポストカードについて、天ふれの歌詞と比べながらちょっと書き込んでみました。(ムギ、唯についても貰い次第追記予定。)
※緑は天ふれの歌詞に使われたと思われる部分。

まずは天ふれの歌詞。
ねぇ 思い出のカケラに
名前をつけて保存するなら
“宝物”がぴったりだね

そう ココロの容量が
いっぱいになるくらいに
過ごしたね ときめき色の毎日

なじんだ制服と上履き
ホワイトボードの落書き
明日の入り口に
置いてかなくちゃいけないのかな

でもね、会えたよ! すてきな天使に
卒業は終わりじゃない
これからも仲間だから
一緒の写真たち
おそろいのキーホルダー
いつまでも輝いてる
ずっと その笑顔 ありがとう

ねぇ 桜の木もちょっと
背丈が伸びたみたい
見えないゆっくりなスピードでも
きっと あの空は見てたね
何度もつまずいたこと
それでも 最後まで歩けたこと

ふわり放課後の廊下に
こぼれた音符の羽根
ふかふか積もるまで
このままでいれたらいいのにな
でもね、ふれたよ! 愛すべき天使に
ただいまって言いたくなる
この場所は変わらないよ
メールの受信箱
○(マル)したカレンダー
とびきりの夢と出会いくれた
音楽にありがとう

駅のホーム 河原の道
離れてても 同じ空見上げて
ユニゾンで歌おう!

でもね、会えたよ! すてきな天使に
卒業は終わりじゃない
これからも仲間だから
大好きって言うなら
大大好きって返すよ
忘れ物もうないよね
ずっと 永遠に一緒だよ


律・澪
ポスカ律.pngポスカ澪.png
(クリックして拡大、というか、画像のページに飛びます。)

紬・唯
ポスカ紬.pngポスカ唯.png
(クリックして拡大、というか、画像のページに飛びます。)

それぞれ無茶苦茶「らしさ」が出ていますね。
にしても、ムギちゃん達筆すぎだろw


さらに梓の手紙

律・澪
梓の手紙 律.jpg梓の手紙 澪.jpg

紬・唯
梓の手紙 紬.jpg梓の手紙 唯.jpg



そしてそして、フィルム~♪
フィルム2.JPG
こういうランダムな特典は残念な結果に終わることが多かったので、今回もそんな感じかな~と思ってたんですが、まさかの屋上シーン!!
上で書いた好きなシーンですよ!神フィルムktkr!!


ここまで長々といろいろ書いてきた訳ですが、見返してみるとただその時の状況を書いているだけのところがあったり。。感想って言えるのか?って感じですねw

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
映画けいおん!に関して興味深い記事を書かれている方がいらっしゃったので、紹介して終わりたいと思います。

まずは僕が時々このブログで紹介してきたたまごまごさんのブログ。
今回も映画について書かれています。(記事に書いたさわ子の記事はこの方のその2)
あの時きらめいていた光はどこまでもどこまでも眩しくて。「劇場版けいおん!」感想その1
さわ子から見た、もう一つの空「劇場版けいおん!」感想その2

もう一つは今回初めて知ったブログ。
この方は、映画を何度も見て細かいところまで考察されています。
飛行機雲についても書かれているんですが、意識して見ると本当に飛行機雲多いですねw
【映画感想・読解・考察】 過去の関連記事のインデックス

「けいおん!にこんな考察いらないだろ。」と思う人もいると思います。
ただ、この作品は見れば見るほどいろいろな思いが込められていることに気付くのでそういうところにも興味持っていただけたらなぁ~ということで紹介させていただきました。
もちろんこの考察はあくまで考察。なので本当にこういう意味を持たせて描いているのかはわかりません。
それでも一読の価値はあるとおもいますので是非読んでみてください。

それではまた数か月後に~ 笑
nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 6

かし

こっそり更新をチラリ

ナカナカな長文レビュー、お疲れ様です

屋上のシーンにはシビレタわな

そして「天使にふれたよ」の作成秘話と言っていいんでしょうか?そこが泣けたわ

梓目線のアニメと3年生4人(唯目線?)の映画、これズルいよな・・・

そこで「うるっ」ときた罠

うん、もう一度観に行こう
by かし (2011-12-17 20:58) 

ちょいのり

こっそりもなにもSRSに登録してあるからバレバレですがなw

by ちょいのり (2011-12-18 01:08) 

ちっぴぃ

かしさん、コメントありがとうございます。

こそーっと見てやってくださいw

下書き書いていたら書きたいことが山のようにあふれてきましてw
気が付いたらB5のノート3ページびっしりでしたw(多分、今までで最長?)

記事中にも書いているので何度も言うことになってしまいますが、屋上のシーンは最高です!天ふれのシーンも!

ホントにけいおん!は何度も見に行きたくなりますよね。
by ちっぴぃ (2011-12-18 03:08) 

ちっぴぃ

ちょいのりさん、コメントありがとうございます。

まぁそこはしょうがないですw
でも、SRS登録してくれてる方には伝わってもいいかな~、と。
by ちっぴぃ (2011-12-18 03:23) 

カルディア

久しぶりに更新があったと思えば、なんという長文w
それだけ「けいおん!」の映画は熱く語れて、
考察もしたくなる良い作品でしたね。

ポストカード全種手に入れるつもりとか!
前売りもしっかり買っているとか本気度すげーw
映画館でもまた見たいけれど、家でじっくりも見たい作品ですね。

by カルディア (2011-12-19 00:33) 

ちっぴぃ

カルディアさん、コメントありがとうございます。

TVシリーズも毎話3回ずつ見たので映画も3回は見たくなるに違いない!と思ってとりあえず3枚は買ってたんですけどねー、、、ポストカードの仕掛けは反則ですww

見れるうちは劇場の大画面で、BD出てからは気になるところは巻き戻しながらじっくり見てやりますよ!
by ちっぴぃ (2011-12-19 02:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。